商人の口車に載せられ、パーティーは絶滅した😭

商人「携帯安くなるよー。Softbankに乗り換えて光もつければ半額くらいになるよー」

防御力が弱まっていた

家電を量販している大きな街に立ち寄ったときの事であった。その日格安Simが扱っている本体の下見が目的だったこともあり、「安い」の属性にとても弱くなっていたのだ。

そこにひとりの商人が現れた。

商人がふっかけてきた

魔法使いは「携帯代が高いから安くしたい」の魔法を唱えた。しかし詳細な金額はわかっていない。

それを見透かしたか商人は、「スマホは9000円くらい?ネットは10000円くらい?セットで変えちゃえば半額くらいになるよー」

なんと甘い「半額」の響き。そしてダメ押し。

言われるとそれくらいの金額だったと思い込んでしまう不思議。高めな金額だったことは後にわかるのである…

そしてダメ押しの「携帯代は割賦でただ同然で手に入る。ジュニアスマホも契約すれば家族割も効く」ときたもんだ。

ジュニアスマホは契約しないよ

ジュニアスマホはauで携帯してるキッズ携帯が気に入ってるので契約しないよ。

これには「ジュニアスマホはただ同然でもてるから、とりあえず契約してから考えればいい」と…

よし契約。これが大ウソ。

「ネットとスマホが半額になって、キッズ携帯ただ同然で付いてくる。」

ははは…

そんな甘い話しある分けないじゃないか。大手Softbank回線ですぜ!?

商人のウソ100連発!!

スマホ9000円は7000円だった。ネット&テレビで10000円は7500円だった。

ジュニアスマホは3000円ときたものだ。

100連発はウソだが、ほかにも「格安Simで本体は取り扱っていない」とか、「ジュニアスマホはスマホ型しか発売していない」とか連発だった。

痛恨の一撃

その商人は大金持ちで3000円はただ同然だったのかもしれない。

だが、貧乏パーティーにとっては100円すら死活問題。2年縛りを耐え抜くよりは9000円払って今呪縛を解き放つ方が得策である。

家族割が消失した。

ネットも工事が大掛かりになるとわかり頓挫した。

残されたスマホは月額制7000超えに豹変し襲いかかってきた。

痛恨の一撃

パーティーは瀕死の重症を追った。

気がつくとそこは協会だった。しかし毒に侵されたまま。

パーティーは協会で意識を取り戻した。

ああ、夢だったかと思うものしかかる月7000円超えのスマホ代。ジュニアスマホ解約の違約金、この毒はすべてが夢でなかった事を証明していた。

この毒を早急に解毒しなくては。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*